ソムリエ

ワインのエキスパートを目指せる資格

ソムリエは、ワインについて深い知識を習得しているかどうかが検定される資格です。

ワイングラス

世界中に何万種類とあるワインの香りを嗅ぎ、口に含むだけでその産地や銘柄を理解するという、非常に繊細さと膨大な知識量が求められる資格ですので、簡単に取得できるものではありません。

ソムリエの仕事は、レストランでワインの管理をしたり、お客様に依頼されて料理に合うワインをセレクトしたり、またそれに合わせてワインの特徴や味わいなどを解説するのが主な仕事。

ソムリエにおいても、資格が無いとその業務に就くことができないというわけではありませんが、しっかりとしたレストランで働いているソムリエにおいては、ほとんどの人が資格を習得した上で就業しています。

日本ではソムリエに関する団体は2つあります。
「日本ソムリエ協会」と「全日本ソムリエ連盟」の2つになり、それぞれの団体で資格を運営しています。
どちらも民間の団体になりますので、国家資格ではありませんが、フランスではソムリエの資格は国家資格として認定されています。

取得に必要な要素、メリット・デメリット

ソムリエの資格を取得したい人は、たくさんのワインの知識を覚えるということがまずひとつ。
そして、ワインの味わいや香りをしっかりと理解し、その知識と結びつけるということが重要になります。

ワインには赤ワイン、白ワイン、ロゼワインとありますが、それぞれの見た目の違いや味が違うということは理解できても、赤ワインを5本並べて、それぞれのワインを飲んで銘柄を当ててください、というわれて正解する人はどのくらいいるでしょうか。

ワインが好きでよく飲む、という人でも、口にしただけでワインの銘柄を当てるというのはとても難しいように思います。
それをするのがソムリエの仕事ですので、繊細な舌や鼻、そして情報を暗記する暗記能力が求められるでしょう。

ソムリエの資格のメリットは、ソムリエとして仕事をする上で必ずといってよいほど有資格者であることが役立つという点です。

資格がなくても法律上は仕事をすることが可能となっていますが、実際に就職活動を行うにあたり、無資格の人が採用される可能性は低いと思われます。

資格を取得していることが知識の習得と大きく比例するため、資格を取得している人のほうが即戦力として活躍してもらえるというアピールをすることができるのです。

デメリットとしては、資格取得において費用がかかるという点が挙げられるかと思います。

いろいろなワインのテイスティングを行わなければならないので、その分の費用もかかりますし、ソムリエ養成講座などの資格対策コースも、それなりの学費が必要です。

しかし、今後本気でソムリエの仕事に就きたい考えている方には必須の資格であるといえると思われますので、資格取得についてはぜひ前向きに検討されることをおすすめします。

コメントは停止中です。