管理栄養士

栄養士の上をいく資格

管理栄養士の資格は、栄養士同様学校や病院、介護施設、保育園などで食に関わる仕事をするのに役立つ資格です。
こちらも国家資格となり、資格取得には所定のコースがある大学や専門学校で学ぶことが必須の条件となります。

病院

管理栄養士は栄養士よりもレベルが高い資格になりますので、仕事においても管理栄養士のほうがいろいろな分野に携わることができるようです。
管理栄養士と栄養士の違いについては、明確な表現方法がなく難しいのですが、大きくいうと以下のような違いがあります。

例えば栄養士が人の栄養指導を行う場合、健康な人への栄養指導しか行えないけれど、管理栄養士は傷病者に対する栄養指導ができるという点。

資格自体が「栄養士よりもレベルの高いもの」とされているように、同じ土俵に立ったときに、管理栄養士のほうがさらにレベルの高い業務を行えるというとわかりやすいのではないでしょうか。

また、栄養士と管理栄養士の違いとして、栄養士のほうが大きな施設での管理を行うことができるという点も挙げられます。

簡単に説明すると、例えば栄養士は1日100食の給食を出す施設まで管理することができるのに対し、管理栄養士は300食以上提供する現場の管理ができるという感じです。

より大きく、深い仕事に携われることができるのが、管理栄養士だと考えてよいと思います。

メリット・デメリット

前述した内容からもわかるように、栄養士よりも管理栄養士のほうがより多くの業務に携われることができるという点は、大きなメリットだといえるでしょう。

大きな仕事に携わることができるということは、収入も高くなると考えてよいかと思いますので、栄養士よりも高収入を得ることができる可能性も高いです。

そのため、栄養士の資格を取得している人が、管理栄養士の資格を取得しなおすというケースもあります。

デメリットは、栄養士よりも難易度が高いので国家資格の合格率が下がるということ、また学費においても栄養士を取得するコースよりも高くなる可能性があるということが挙げられます。

また、これは栄養士においてもいえることですが、栄養士や管理栄養士を必要とする仕事の雇用が少なくなりつつあるという点も、資格取得におけるデメリットだといえるでしょう。

特に学校給食などにおいては、少子化が進んで児童数も減ってきていますので、あまり多くの管理栄養士を必要としません。

介護業界においては需要が若干高まることが期待できますが、一度就職したら同じところで定年まで働くという人も少なくないので、募集がなかなかないというのが現状のようです。

とはいえ、今は食について見なおしてみようという意識が高まってきており、正しい栄養学や食育の知識を求める人が増えていますので、仕事を自分で見つけてチャレンジを続けることで、資格を十分に活用することができると思います。

コメントは停止中です。