栄養士

様々な場面で活かされる資格

栄養士は、学校の給食メニューを考えたり、常駐して給食づくりを監督したり、病院の入院食などを担当するなど、いろいろな施設で食に関わる広い範囲を担当する仕事です。

栄養

ほかにも、スポーツ選手の食事管理をしたり、子どもの食育講座を開くなど、栄養士は食におけるさまざまな場面で活躍しています。

栄養士として仕事をするには、栄養士の資格を習得していなければなりません。
資格は国家資格になり、所定のコースを設けている大学や専門学校に通うことが受験資格となります。

こうした資格取得においては、学校に通わなければならないというものが意外と多いのですが、通信制や夜間部を設けている学校もあります。

しかし栄養士においてはこうしたコースの用意がないので、必ず通学制の2年、もしくは4年制の学校に通わなければなりません。

そして、卒業もしくは卒業見込みとなった人に、受験資格が与えられます。

メリット・デメリット

栄養士の資格を取得するメリットは、食や栄養に関する仕事に就くにあたり大きく役立つという点です。
学校の給食センターなどで働く場合は、栄養士の免許が必須となっているところも多く、そのほかの施設においても栄養士の免許を取得していることが採用条件となる企業がたくさんあります。

栄養や食について深く学びますので、大きなスキルアピールができるという点が最大のメリットであるといえるでしょう。

独立する上でも栄養士の資格は非常に役立ちます。
食育などの講座を開きたいというときに、栄養士の資格があることで参加者も開催者を信頼して参加することができるので、資格があるのとないのとでは雲泥の差です。

ほかにも、前述したようなスポーツ選手の健康管理や介護施設、保育所や幼稚園、病院など、栄養士を必要としている仕事がたくさんあるので、料理を作るということではなく、食に関する仕事に就きたいという人にとてもおすすめの資格です。

デメリットとしては、通学制の学校しかないので学費がかなりかかり、また受験資格を得るまでの時間がかなりかかるということが挙げられます。

社会人として働きながら學校に通うということができないので、社会人がキャリアチェンジしようとするにはかなりリスクが大きいです。

そのほか、栄養士の資格を取得していないと就業できない仕事はたくさんあっても、雇用人数が少ないため、有資格者でもなかなか就職が決まらないという人がいるようです。

地域によっては募集が多いところもあるようですが、逆に募集が少ないところもあるようですので、この場合はお金をかけて資格を取得しても、仕事がなかなか見つからないという厳しい思いをすることになってしまうかもしれません。

コメントは停止中です。