カレーマイスター

カレーマイスターとはどのような資格なのか?

カレーマイスターとは、カレーの歴史や、カレーに関係したスパイス、カレーを世に広めるために必要なコミュニケーション能力など、カレーに対しての基本的知識、必要スキルを持ったことを証明する資格のことで、カレーの専門家とも呼べる存在であると言えるでしょう。

そんなカレーマイスターですが、知識面以外にも、カレープロデュース能力と呼ばれる、自分で作るカレー、マイカレーを研究し、お披露目することも必要なスキルとなります。
自分だけのこだわりカレー、自分ならではのマイカレーを作って、よりカレーへの興味と好奇心をそそることが出来ると、カレー好きな方をはじめ、カレー専門店を開きたいと考えられている方に、積極的に取られている資格として知られています。

カレーマイスターの資格を取るためには?

カレーマイスターの資格を取るためには、全6時間、4講座のうち、三講座を受講して、修了試験に合格し、課題提出を行う必要があります。
カレー講座をしっかりと受ければ、ほぼ確実に合格することが出来る資格として知られていますので、カレー好きの方は特に受講される方が多いようです。

資格取得をするためにはカレーマイスターコース講座を行っている協会に申し込みを行い、講座申し込みを行った後、受講費用を支払う必要があります。
総額で4万8千円ですが、追試が発生した場合はプラスで8200円が発生しますので、出来るだけ費用を節約するためにも、一発合格を目指すように頑張りましょう。

カレーマイスター講座で学べること

カレーマイスターコースでは、自分だけのカレーをプロデュースするカレープロデュースの他にも、このような講座内容が存在しています。

まずは、自分がカレーを好きな理由を突き詰め、他の方に自分が思うカレーの魅力を実際に伝えるコミュニケーション能力を磨く、カレーコミュニケーションの講座です。
自分がカレーが好きという気持ちを相手に明確に伝え、その理由をはっきりわかるように伝える、コミュニケーション能力を磨くための講座として知られています。

次に、カレーの歴史や、世界各国のカレー事情を学ぶことが出来るカレーヒストリーの講座です。
カレーはそもそもどこでどのようにして作られたのか、日本におけるカレーはどこでどのようにして生まれたのかなど、歴史に関しての知識を身に着けることが出来ます。

そして、カレーと言えば欠かすことが出来ない材料として知られている、スパイスにまつわる知識を得ることが出来る、スパイスサイエンスです。
どのようなスパイスがどんな健康効果をもたらすのか、どのようなにおいでどのような味なのかなど、実際にスパイスについて勉強をしていく講座になります。

コメントは停止中です。