製菓衛生士

お菓子作りのプロを目指す資格

製菓に関する資格は実はいろいろとあるのですが、「製菓衛生士」はお菓子作りだけではなく、衛生面をふくめ「安全なお菓子」を作るための知識や技術が検定される資格です。
ちなみに製菓衛生士は文部科学省認定の国家資格になります。

チョコレート

調理師同様、この資格が無いと菓子店を開業したり、お菓子作りができないというわけではありません。

しかし食の安全が叫ばれている昨今、衛生面においてしっかりと考慮した業務を遂行することはとても重要であり、またそれに対する知識を十分に習得することはお店のPRにもつながります。
お菓子だけではなく、パン業界にも通用する資格です。

受験資格は、高校を卒業後専門学校や所定の学校で1年以上学んだ人、こうした学校を卒業していない場合は、実務経験が2年以上あることが条件となります。

実務経験においては、正社員ではなくパートやアルバイトでも条件を満たしていれば実務経験としてカウントすることが可能です。

いくつかのお店での経験を合計すれば2年以上になる、という場合も問題ありません。
ただしそれぞれのお店から証明書を準備していただく必要があります。

メリット・デメリット

製菓衛生士の資格取得におけるメリットは、取得することでお店が安全に運営されているということをアピールできるという点が大きいでしょう。

経営者が資格を取得しなければならないというわけではなく、従業員でも製菓衛生士の資格を取得している人が在籍していることで、ちゃんと衛生における知識を熟知している人がいる」というと思うと、お客様も安心してお店を利用できます。

また、自分が菓子店に就業していて、お菓子作りや衛生管理などにおいて十分な知識を習得しているかどうか、ということを確認するために資格を受験するということもできます。

資格取得をゴールに勉強を進めることで、とても効率的に学習を進めることができ、かつ自分のスキルアップにもつながるので一石二鳥です。

デメリットとしては、資格を取得しなければ仕事ができないというわけではないので、資格の意義を見いだせない場合は、意味がないと感じることがあるかもしれません。

美容師のように資格を取得しないと仕事ができないとなると、取得する意味があるけれど、そうでない場合は意味が無い、と考える人にとっては、あまりメリットのある資格に感じられない可能性があります。

しかし、今はこうした国家資格を含め、民間資格においても受験者数はかなり多く、そして採用する側も、資格取得と持っているスキルを比例して考える人が増えていますので、今後こうした資格の需要はどんどん高まっていくと思われます。

お菓子作りにおいてさらにスキルアップをしたいという方にとって、十分に受験する価値のある資格だといえるでしょう。

コメントは停止中です。