調理師

取得者が増えつつある資格

調理師の資格は、料理人に必要な知識や技術が検定される資格です。

調理師

こちらは国家資格になりますが、この資格が無いと仕事ができないというわけではありません。
レストランなどに就職をして、下積みから徐々に実力をつけていくことで、十分にレベルの高い調理師として活躍することができます。

しかし、今は調理師を目指す際には調理師の専門学校に行くという人がとても多いので、学校で勉強している間に資格を取得するという人がたくさんいるようです。

若い料理人は、ほとんどの人が調理師の資格を取得しているといっても過言ではありません。

調理師の資格は、専門学校を卒業することで自動的に近い形で取得することができます。
専門学校に行っていない場合は、学科試験と実技試験を受験する必要がありますが、2年以上飲食店で働いている実務経験がある人は、所定の証明書を飲食店に用意していただくことで、実技試験を免除することが可能です。

メリット・デメリット

資格取得のメリットは、実務経験がない場合、より早く実践に役立つ知識や技術を習得できるという点が挙げられます。
資格を取得するには相応の知識と技術を必要としますので、合格を目標に勉強や練習を進めることで、即戦力として活躍できる能力を身に付けることができるのです。

また、今はすでに調理師として活躍している人でも、数年後に資格取得をされる方が増えています。
資格取得することで、転職にも有利になりますし、独立開業をする際にも名刺代わりにスキルをアピールすることができるようです。

転職の際に、どれだけ実務経験を積んでいても、うまくそれをアピールできないという場合があります。
資格を習得していることで、自分が最低限この程度のスキルは持っている、ということを相手にわかりやすくアピールすることができるのは、資格を取得している強みになるでしょう。

また、すでに働いている人の場合、自分がどの程度の知識を習得しているかということを確認することができるのも、資格を取得するメリットにあるといえるのではないでしょうか。

デメリットは、専門学校などに通う場合は費用がかかるということ、また専門学校は一般的に2年のカリキュラムで構成されているため、卒業までの時間がかかるということも挙げられます。

資格を取得していることはスキルアピールに繋がることも多いですが、資格を取得していなくても就業することは可能ですので、人によっては資格を活用できていないという人もいる様子。

そのため、おおきなデメリットはなくても、メリットをまったく感じられないケースもあり、これはある意味デメリットであるといえるかもしれません。

コメントは停止中です。