資格の種類

「作る」以外の資格もいろいろ

飲食関連の資格というと、調理師などの作る関連の資格を思い浮かべますが、そのほかにもいろいろな種類の資格があります。

皆さんが第一に思うかべると思われる調理関連の資格は、調理師や製菓衛生師、管理栄養士などの資格がよく知られていますね。

飲食店といってもその分野は非常に幅広く、和食、洋食、イタリアン、ケーキ、和菓子、パンなどさまざまなお店があります。

ひとつの資格ですべての分野を網羅するのは難しいため、分野に分けて資格があり、その人の携わっている業界に合わせた資格を受験できるようになっています。

勉強

作ることや技術関連以外の資格になると、飲食店運営におけるサービスについての知識が検定される資格も多いです。

代表的なものとしてソムリエの資格があります。
ソムリエは、ワインについての情報を非常に深く熟知し、料理に合わせたワインをセレクトしたり、お客様にワインについての知識を説明して差し上げるサービス業。

ソムリエの資格はプライベートでも活用できることから、趣味の範囲で楽しむために取得サれる方も多いようです。

ワインの資格がソムリエなら、日本酒はきき酒師。
これはその名の通り日本酒のきき酒を行うために必要な知識が検定される資格になりますが、こちらも趣味で楽しむために取得されている方も多いようですね。

バーテンダーの資格もあります。
バーテンダーはお客様にカクテルなどのお酒を作って差し上げるのが主な仕事になりますが、カウンターの中でお客様ととても近い位置で仕事をすることが多いので、サービス業に限りなく近いです。

経営、運営関連の資格も

そのほか、飲食店を運営するための知識が検定される資格や、飲食業界全般の知識を習得できているか確認するための資格もあります。

フードコーディネーターやフードアナリストなどがその資格にあたりますが、この資格を取得している人は、食品業界の方やフードコーディネーターとして活動している人などが多いです。

栄養の基礎から盛り付け、マーケティングなど幅広い範囲で飲食についての問題が出題されます。

そのほか、食品衛生責任者や防火管理者など、お店を運営する上で取得しておくべき資格がありますので、飲食店経営を目指している方は、これらの資格取得を検討されるとよいでしょう。

個人で飲食店の経営を検討されているという方は、技術関連の資格と合わせて、サービス関連、運営関連の資格などいろいろな分野の資格取得を目標に勉強することで、効率よく飲食業界についてのいろいろなことを学べるのではないかと思います。

ご自身が必要だと思う資格をリサーチし、より深い知識を習得できるよう資格取得を目指してみてはいかがでしょう。

コメントは停止中です。