惣菜管理士

惣菜管理士とはどのような資格なのか?

惣菜管理士とは、お惣菜の製造や販売、流通ルートや衛生、安全管理などの、お惣菜にまつわる基本的知識を持っていると認められた方が手に入れることが出来る資格で、農林水産省によってつくられた資格として知られています。
名前自体はそれこそマイナーではありますが、今ではこのお惣菜管理士の資格を持っていると、実際にお惣菜を作るスーパーやデパートなどを始め、惣菜の開発を行っている食品メーカーまで、非常に幅広い業種に、好印象を与えることが出来る資格として知られています。

資格自体は一級から三級まであり、それぞれの級で、出題される内容が全く異なります。
三級の場合は、お惣菜の概論や、食品の基本的な衛生管理、食べ物の栄養、お惣菜の調理加工など、基本的なお惣菜知識と、調理をする際の基本的衛生知識が問われます。
二級では、食品添加物や加工食品の保存、食品の表示基準など、食品全般にまつわる基本的知識を、一級では、惣菜工場におけるHACCP管理や、応用栄養学などを始めとした、お惣菜にまつわる知識と食品調理にまつわる応用知識が問われるでしょう。

惣菜管理士の資格を取る方法は?

惣菜管理士の資格を取得するためには、農林水産省が行っている試験に申し込みを行い、試験に合格すれば良いというわけではありません。
試験を受ける前には、研修を受ける必要があり、養成研修の場合は8~9月、通信研修の場合は、10~翌年の4月まで研修を受け、研修を無事に終えたら、資格試験を受ける権利を得ます。

決して短くはない取得期間ですが、その分合格率は非常に高く、1級で9割越え、2、3級で8割越えですので、研修期間を無駄にしないためにも、しっかりと勉強をして、試験に臨むことが大切になると言えるでしょう。

惣菜管理士で学べることは?

惣菜管理士では、その名前から、お惣菜の知識しか学ぶことが出来ないイメージがありますが、決してそんなことはありません。
基本的な食材、調理加工、栄養に関する知識や、衛生観念、応用的知識など、料理にまつわるあらゆる部分をはじめ、飲食業の管理者として基本的、応用的となる必要知識、スキルを学ぶことが出来る、非常に重要な資格であると言えます。

資格取得そのものには非常に時間がかかりますが、資格取得自体は決して無駄にはなりませんので、飲食業を検討されている方には、特におすすめと言えるでしょう。

試験を受けるタイミング

研修期間を経てから試験を受ける必要がありますが、試験は、研修を終えてから四年以内に受けなければ、受験資格そのものを失います。
受験資格を失ったら、残念ながらもう一度研修のやり直しになりますので注意が必要です。
出来るだけ研修を終えたら、すぐに試験の申し込みをしておくように心がけましょう。

コメントは停止中です。