外国人客へのおもてなし

グローバル化を進めるからこそ注意するべき飲食店

海外からの観光旅行客は年々増加の一途をたどっており、バケーションの度に日本を訪れるという海外旅行客も、少なくありません。
だからこそ、せっかく来てもらった海外旅行客に楽しんでもらうことが出来るように、飲食店側も、出来うる限りの事前対策をしておくことが大切になるでしょう。

飲食店は、いつ何時、どのような観光客が訪れるか読めません。
旅行の際にふらりと立ち寄るという場合もあれば、ガイドブックに載ったため、ある日を境に長蛇の列が出来るほど、海外旅行客が押し寄せるようになるというケースも少なくないのです。

その時になってから慌ててしまい、トラブルに繋がらないようにするためにも、最低限、これらのポイントを押さえておくように心がけましょう。

メニュー表記や利用食材には細心の注意を払って

まず海外旅行客が最もトラブルが起きやすいのが、料理に対してのトラブルです。
注文の際のメニューが読めない、どんな料理なのかわからない、宗教的に食べてはいけない食材があるものの、利用されている食材がわからないなどが、海外旅行客との間に非常に多く起きうるアクシデントですので、トラブルに繋がってしまう前にも、事前対策が必要と言えるでしょう。

まずは、メニューの表記を英語表記を付け加えたり、写真を載せるというだけでも、十分効果を発揮します。
寿司、てんぷらなどの和食を目当てに来るお客様も多いので、そうした料理の場合は特に、ローマ字表記をしておくことが大切です。

次に、食材に関してです。
最も起きやすいトラブルとして挙げられるのが、牛や豚などの肉類を一歳食べてはいけないというもの。
肉類の場合は特に、事前に利用食材の表記として、ビーフ、ポークなどと表記しておくだけでもトラブルを防ぐことが出来る場合がありますので、シールを張るなどの対応をしておくことをおすすめします。

お金に関するトラブルに要注意

海外旅行客とトラブルに陥りやすいポイントの二つ目は、お金に関するトラブルです。
日本では特に、消費税抜き価格のみを掲載しているお店もありますが、レジに並んだ時に、メニューとレジの表示価格が違うと、激高するお客様も多く、場合によっては支払い拒否という事態が発生する恐れもありますので、必ず税込み価格も掲載しておくように心がけ、わかりやすい値段表示を心がけることが重要になるでしょう。

また、チップ制と勘違いして飲食店を利用する海外のお客様も多く、余分にお金を支払われるケースも少なくありませんが、しらばっくれてそのままもらってしまうと、別のトラブルに繋がる恐れもありますので、チップが必要ないことを伝えて、正しいお金のやり取りを行いましょう。

コメントは停止中です。