食事マナー【和食編】

和食で間違えやすい、迷いやすいマナー

指し箸や迷い箸など、基本的な箸のマナーが問われやすい和食ですが、有名なマナー以外にも、実は知られていない和食マナーは多く、勘違いして覚えている方も少なくありません。
マナー自体を知らず、気が付かないうちにマナー違反をしていたという場合も多く、相手を不快にさせてしまうことも多くありますので、和食を食べる際には、このようなマナーを最低限守ることが大切です。

箸やお椀などの置き場所に要注意!

食べている途中など、一旦箸をおく際には、箸置きに置くのがベストですが、箸置きがないという場合は、折敷の淵にかけておくようにしましょう。
間違えても、お皿の上に直接置く、渡し箸をしないようにすることが大切です。

また、お味噌汁など蓋つきのものが出てきた際には、蓋の内側を天井に向けるように、料理の隣におきましょう。
ついつい下を向けて料理の隣に置いてしまいがちですが、蓋の内側に絵が描かれていることも多く、この蓋の絵を見てからゆっくり召し上がってくださいという意味が込められている場合も少なくありません。

あける際には、蓋が開きにくい(密閉)されている場合がありますが、慌てずに横にスライドをさせるように開けることで、簡単に蓋を開けることが出来ます。
力業で開けようとすると見た目が美しくないことももちろんですが、不意に蓋が開いてしまって、中身をぶちまけてしまうという事態に繋がる可能性がありますので、注意が必要です。

また、開けた蓋は忘れずに、最後は元通りに閉めておくことがマナーです。
マナーを勘違いしてしまい、食べ終わったことが分かるようにしておくため、蓋を開けたままお皿を下げてもらうという方もいますが、食べ終わったことは見ればわかりますので、必ず蓋を閉じ、不安な場合は、元あった位置より少しずらして置いておくことも、マナーの一つとして知られています。

必ず手は添えて食べるように心がけましょう

ついつい忘れてしまいがちですが、箸を持っていないもう片方の手は、机の下に下げておくのではなく、机の上に出して、お茶碗を持ったり、お茶碗に支えておくことが大切です。
肘をかけてしまっては別のマナー違反になりますが、特別な理由がない限り、片手で食べるのは基本的にマナー違反になりますので、もう片方の手を添えるように心がけることが大切だと言えるでしょう。

箸で食べられないものは匙を利用する

和食と言えば箸のイメージが離れませんが、箸を利用できない場合は、無理せずに用意されている匙を利用して食べることも大切です。
例えば煮凝りなどの場合は特に、箸だけではどうしてもすべてを食べることが出来ませんので、用意された匙を使って、丁寧にすくって食べましょう。

コメントは停止中です。