客単価アップの工夫すべきポイント

客単価をアップさせることでお店売り上げがアップする

客単価とは、お客様一人一人が、一回の食事でお店にいくら使ったのかを表す金額のことを指します。
例えば、一食500円のランチだけを食べたお客様が居れば、そのお客様の客単価は500円になりますが、売り上げは、客数×客単価で求めることが出来ますので、この客単価を上げることが出来れば、より多くの売り上げを手に入れることが出来るでしょう。

客数を増やすということも確かに売り上げアップには繋がりますが、既にお店内が常に超満席で、列が並んでいるほどという場合などもありますので、お客さんの数をどうにかするよりも、客単価を上げる努力をした方が、結果として簡単に売り上げアップすることが出来るケースが少なくありません。

客単価をアップさせる方法は色々とありますが、例えば、このような工夫を行っている店舗が多いでしょう。

魅力的なセットメニューを作る

ランチメニュー限定、パスタにドリンクとサラダがついて700円など、お得に感じるセットを販売することで、客単価をアップさせているお店は少なくありません。
パスタ一皿で500円だった場合、パスタを単体で頼むお客様に客単価をアップしてもらうためにも、プラスアルファでこうしたセットを付けることで、200円、客単価がアップした計算になりますので、金額面だけ見れば、お得になると言えるでしょう。

もちろん、つけているドリンクとサラダの分の料金もかかりますが、そこは負担にならないように、あくまで結果としてお得になるようなセットにして、調整をすることが大切です。

お得感を演出することが、客単価を上げる最大のポイント!

上記のように、セットを付けることで客単価をアップさせるという方法の他にも、大盛メニューにすることで定価にプラス100円にしたり、イベントなどに合わせて期間限定メニューや、ランチ限定、ディナー限定などの限定メニューを出すことも、客単価をアップさせる一つのポイントなります。

日本人の場合は特に、期間限定の品に弱く、いつも食べることが出来る定番商品ではなく、限定と名のつく料理を注文してしまいたくなるような方も少なくありませんので、そうした演出を施すことで、より客単価をアップさせることが出来るでしょう。
また、客単価をアップさせるために、メニューそのものの金額を上げてしまうのはご法度です。
増税のタイミングなどであればわかりますが、いままでの常連さんによっては、金額がアップしたことで来なくなるという場合もありますので、そうなってしまっては本末転倒です。

あくまで、お店側は客単価がアップしているものの、お客さんはその分満足できる環境を提供することが必要になると言えるでしょう。

コメントは停止中です。