飲食店を開業する

飲食店を開業する方法と流れ

飲食店を開業したいと考えているオーナーさんは少なくありませんが、飲食店は、誰でもかれでも開業できると言うわけではなく、専門の資格、申請、そしてそれ相応の費用や経営努力が必要となります。

もちろん他にも様々な必要となる部分がありますが、基本的に最初に必要となるのが、お店を行う場所、そしてお店を営業するための申請です。
どこでお店を開業するのか、どんな飲食店にするのか、どれくらいの規模で行うのかなど、実際にお店を行うために必要な具体的な部分を検討し、現実的に考えて実現可能なプランを立てていく必要があるでしょう。

申請に関しては、必要書類を用紙、記入した後、それぞれの申請場所に提出をする必要がありますが、自分で行うのが面倒という場合は、行政書士などの専門家に依頼をしてしまうという方法も、一つの手です。

飲食店開業に必要になる費用はいくら?

飲食店を開業する際には、お店を開業する場所、内装、導入する設備の内容によっても異なりますので一概には言えませんが、最低金額、1000万円は用意をしておくべきでしょう。
こちらには開業資金だけではなく、運転資金なども含まれていますのであくまで目安額ですが、更に物価や地価が高い所でお店を出す場合はプラス料金が発生しますし、最新設備を導入するという場合や、人を雇うという場合は、その分プラスアルファで費用が発生することも、よく考えておきましょう。

純粋な開業資金だけではなく、数か月分の運転資金、万が一の備えもいくらか用意をしておかないと、何かがあった時に対応しきれなくなるケースが少なくありません。

飲食店を開業するためのポイントや、経営の際のコツは?

飲食店を開業した後も、経営を継続していくためには、色々と考えなければいけないことがあります。

まずは、メニューの見直しや内装の見直しなど、お客さんが実際に入ったことで分かった部分の修正、改善を行うことです。
最初から軌道修正を行わずに軌道に乗ったお店は運が良いですが、初めての飲食店経営の場合は特に、最初のうちは色々と決めてかからずに、軌道修正をしていくことが大切ですので、常に見直しを行うように心がけましょう。

次に、必要経費の見直しについてです。
定期的にかかっている費用の場合は特に、実際に店舗運営をしてみて、その費用は必要だったかどうか、もっと削れる部分はないのかどうかを確認して、取捨選択を行うことを忘れないようにしましょう。
削ることだけではなく、ある程度軌道に乗ってきたら、最新設備を取り入れたり、店舗拡大をしたり、人を雇うなどして、より仕事効率をアップさせるということも、頭に入れておくことが大切です。

コメントは停止中です。