飲食店が気を付けるべき「衛生管理のポイント」

衛生管理を行う根本的な理由は?

飲食店に欠かすことが出来ない衛生管理。
お客様に食事を提供する場所だからこそ、日頃からきちんと管理を行うことが大切になりますが、そんな衛生管理はそもそもなぜ行わなければいけないのでしょうか?

衛生管理を行う理由としては、主に三つの理由があると言われています。

一つ目は、安心安全は料理を、お客様に提供するためです。
お客様の口に直接入るものですので、食中毒などの危険性を防ぐためにも、衛生管理は決して欠かすことが出来ないポイントと言えるでしょう。

二つ目は、売り上げの増加をするためです。
わかりやすく言うと、汚らしいお店よりも、綺麗に整えられているお店の方が、お客様が入りたいと思いますので、お店全体の売り上げをアップさせるためにも、こうした衛生管理が必要不可欠なポイントになると言えます。

三つめは、利益をアップさせるためです。
こちらは金銭的な面というよりも、仕事効率の面が挙げられますが、衛生管理を徹底的に行っているお店の方が、実際に働く際に、仕事に無駄がなく、効率よく働くことが出来ますので、仕事効率をアップさせて、従業員が働きやすい環境を得るためにも、衛生管理が欠かせないと言えるでしょう。

清掃管理は基本中の基本

衛生管理の基本中の基本の部分となるのが、清掃管理です。
クリーンネスと言われることもありますが、店内や調理場の掃除、定期的なゴミ出し、お皿や調理器具の清掃など、お客様が気にする部分から、お客様が実際に目にする部分まで、全体を通して清掃を行うことで、基本的な衛生管理を守ることに繋がり、美味しい食事を提供することが出来ると言えるでしょう。

またこの清掃管理の部分には、目に見える部分だけではなく、空気環境なども含まれています。
タバコの煙が溢れている汚い環境で調理をされた料理は、当然ながら味も損なわれてしまいますので、空気に関しても美しく整えられている環境も、必要不可欠と言えます。

従業員そのものの衛生管理

空間や環境に関してだけではなく、衛生管理は、従業員そのものの衛生管理も必要不可欠になります。
爪を切る、髪をまとめる、指輪な時計などの装飾品を付けないなどの、身だしなみから衛生管理を行う部分はもちろん、手の洗浄消毒など、料理に万が一のことが無いように、清潔に保つことも、非常に重要なポイントとして知られています。

責任感を持って衛生管理を行いましょう

衛生管理というものは、調理者だけではなく、ホールスタッフなど、実際に調理には関わらない人にも、欠かすことが出来ない基本理念です。
この基本理念が守れていないお店は、自然とお客様が減ってしまいますので、そうならないためにも、日頃の衛生管理を徹底して行いましょう。

コメントは停止中です。