和菓子店

昔から愛され続ける職人技

日本には昔から伝えられている和菓子の技術がたくさんあります。
現在のように甘いスイーツが簡単に手に入らなかった頃は、甘いお菓子がご馳走として扱われていました。

和菓子

和菓子には甘さや美味しさだけでなく、美しい芸術品とも言えるような素晴らしい技術が集約されたお菓子がたくさん存在しています。

繊細な職人技を後世に伝えるために、和菓子店に転職をして和菓子職人への道を志す人も多いです。
和菓子職人になるためには、どのようなスキルが必要になるか確認しておきましょう。

参考:和菓子職人の仕事内容

修業期間が長いので、覚悟を

和菓子職人として活躍するためには、直接和菓子店に採用してもらうか、専門学校に通って和菓子に関するスキルを習得する方法があります。

和菓子店によっては後継者がいないため、現在の職人が引退したら閉店せざるを得ないという状況に追い込まれているケースも多いそうです。

代々受け継がれてきた伝統的な技術を、自分の代で廃れさせてしまうのは忍びないと感じている方も多いそうです。
後継者候補を採用しても、厳しい修行に耐え切れずに途中で辞めてしまう人も少なくないため、後継者を育てたくてもなかなか育てられないケースもあります。

特に何のスキルも持っていない素人がいきなり和菓子職人になりたいから修行させて欲しいとお願いしても、余程のことがなければ直接採用してもらうのは難しい場合があります。

でも熱意をしっかり伝えることができれば、積極的に指導してあげようと採用してくれる可能性もあるため、諦めずにお願いすることが大切です。

若干回り道をしているように感じますが、専門学校に通って和菓子作りの基本的なスキルを習得しておくのが一人前の和菓子職人になるための近道といえるかもしれません。

かなり繊細な技術が必要になるため、実際に転職する前に向き不向きを見極めることもできます。
専門学校で勉強している時期は、実際に和菓子店に勤務しながら修行するよりは楽に感じられるかもしれません。

それでもしっかり技術を習得する気持ちがなければ、いつまでも和菓子の繊細な味や仕上がりを実現できません。

和菓子店に就職をしてから修行をするか、専門学校に通ってスキルを習得するのも同じくらい辛く感じられる場合もあります。

例えば和菓子の基本とも言える美味しい餡を作れるようになるには、最低でも10年の修行は必要だと言われています。
苦難を乗り越えて良い和菓子を完成させることができる一人前の和菓子職人になることができれば、一生もののスキルとして活用することができます。

和菓子店の看板を守るために活躍する道や、独立をして新しい看板を作る道も考えることができます。
全国的にも有名な和菓子職人になることも、自分の努力次第で実現可能な夢になるでしょう。