寿司屋

熟練の技が必要

飲食業界の中でも技術が求められるのは寿司屋の寿司職人です。
日本人はもちろん、最近では海外でも愛好家が多く、寿司の人気は高まっています。

寿司

ただ酢飯とネタを握るという単純な仕事ではなく、その日によって異なる食材を上手に活かしながら丁度良い具合に握ってお客さんに提供しなければいけません。

最近では人間ではなく、機械が握った寿司を提供している店舗が増えていますが、機械と人間が握った寿司を比べてみると全く違った仕上がりになります。

熟練の技を重ねた寿司職人だからこそ、本当に美味しいと感じられる寿司に仕上がります。

参考:寿司職人の仕事内容

寿司屋で働くために

寿司屋に就職をして、寿司職人として活躍したいと考えている方は、いくつかの道が考えられます。
老舗の寿司屋に関しては、そう簡単に寿司職人を採用しない傾向があると言われています。

採用してからすぐに寿司を握ってお客さんに提供するようなことはまずあり得ません。
まずは見習いとして修行をする立場で採用されるため、それなりの技術を習得しなければいつまでもお客さんに寿司を提供することができません。

一人前になるまでには個人差があり、先輩職人の許可がなければ何年経っても見習いという立場から抜け出せないことも考えられます。
それでも頑張って寿司職人の道を選びたいという骨のある人物でなければ、採用を見送られる場合もあります。

全くの素人からスタートするのと、ある程度は技術を習得しているのでは寿司職人として一人前になるまでの道のりに違いがあるものです。

基礎的なスキルを習得するためにも料理学校や専門学校に通っている方は有利になる場合があります。
学校に通っている期間は学費の問題やスケジュール調整も考えなければいけません。

今現在は他の仕事をしている方が寿司職人へと転職しようと考えている場合、未経験の方よりも経験がある方の方が有利に採用されると考えられます。

費用と時間をうまく捻出することが可能なら、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

将来的に独立の道も

寿司職人として一人前になった場合は、資金に余裕があれば独立開業してみたいという夢を持っている方も多いです。
転職先として選んだ寿司屋で修行をした結果、実力があると認められた場合に、思い切って暖簾分けをしてもらうという選択肢もあります。

もちろん、必ず理想通りに夢が実現するわけではありませんが、自分の努力次第で様々な夢が広がるのも大きなメリットといえます。

寿司屋によっては「一見さんお断り」「お子様連れお断り」などこだわりを持って営業している店舗も多いです。
本当に美味しいと食通を唸らせるような実力を身につけることができれば、ミシュランガイドにも掲載される店を持つことも夢ではありません。