イタリアンレストラン

ヨーロッパの中でも人気の高い国

日本においてはイタリアは海外旅行で訪れる人も多い、ヨーロッパの中でも人気の高い国となっています。
その影響もあってか日本国内には非常にたくさんのイタリアンレストランがあり、一般向けとしてお手頃な価格でお腹いっぱい食べることができるサービスを提供しています。

イタリア

日本でのフレンチレストランはどちらかというと高級なところが多く、気軽に入ることができにくい場合が多いのですが、それに対してイタリアンレストランはもっとカジュアルな雰囲気でその日ふと思いついてすぐ食べにいけるという気楽さがあります。

東京など都市部にあるイタリアンレストランのシェフの多くは、本場イタリアでしばらく経験を積んできたという人が多くなっており、世界的に見てもレベルが高い料理を提供していると言われます。

ただし、同じくシェフがお店を運営しているフレンチレストランと比べてイタリアンレストランの場合はかなり日本人の好みに合わせた独自の改良をしていることもよくあるようです。

協会が中心となり普及活動を行っている

日本には「日本イタリア料理協会」という団体があり、有名イタリアンレストランの経営者たちが中心となって日本でイタリア料理を普及させるための活動を行っています。

協会ではイタリア料理をこれから勉強したいと思っている若手シェフなどに定期的に教習を行っていたり、家庭向けの料理教室を開催したりといったことが行われます。

新しいイタリアンのレシピも公表したりといったかなり充実した組織となっているので、これからイタリア料理で外食業界に関わっていきたいと考えている人ならこの日本イタリア料理協会はチェックをしておくべきところと言えます。

日本にあるイタリアンレストランは主に女性から大人気となっているので、女性の友人同士の食事会の他、デートなどにもよく使われています。

都内に数多くあるレストランを何件か知っておかないと、女性が誘いづらいというようなこともあるので、気軽に入れるお店であるということはイタリアンレストランの大きな強みとなっています。

一昔前まではあまりにもイタリア料理を日本風にアレンジするやりかたがひどくて、イタリア人やしばらくイタリアに住んでいたような人たちがそんな「イタリア料理もどき」を見て失笑することもあったようです。

ですがそのアレンジが新しいレシピになったというような例もあり、例えば明太子・たらこのパスタや、独特の記事の分厚いピザなどは日本人がイタリア料理をアレンジして生まれた新しい味ということにもなっています。

しかしイタリア料理というジャンルが世間的に浸透してきたこともあってか、近頃は本格的な石窯をお店の中に設置したイタリア料理に忠実はピザ屋や、食材にこだわった料理づくりをするというフレンチレストランのような高級感あるお店も増えてきているようです。

それでいて、決して一食数万円というような高額な料金設定ではなく、あくまでも安くたくさん食べられることをコンセプトにしているというところが、私達にとってイタリア料理を身近なものにしています。