レストランサービス技能士

見えないスキルを明確にすることができる資格

「レストランサービス技能士」の資格は、飲食店で働く上で、お客様に提供する質の高いサービスについての知識が検定される資格です。

レストラン

サービス業は本当にたくさんあります。
飲食店を初め、アパレル販売やガソリンスタンド、ホテルや喫茶店などでのお仕事もサービス業です。

それぞれの業界において適したサービス、お客様に喜んでいただけるサービスというものがありますが、何かをおまけするということでない限り、サービスというのは目に見えないものです。

サービスを受ける人によってそのサービスの質を高いと感じるのか、低いと感じるのかが違いますので、自分のサービスレベルは十分なのか、よりよいサービスを提供できているか不安になってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レストランサービス技能士の資格は、こうした目に見えないサービスという仕事におけるスキルを明確にしてくれる資格です。

資格に合格することで、自分のサービスにおける考え方や知識は正しいものであったということを自覚でき、より仕事に自信がもてるようになり、前向きに取り組むことができます。

メリット・デメリット

レストランサービス技能士の資格を取得するメリットは、前述したようにサービスにおけるスキルの習得度合いを鳴鶴にできるという点です。

これにはさまざまなメリットがあり、やはり一番は就職や転職に役立てることができるという点ではないかと思われます。

新卒の場合、サービス業についての知識がまったくない状態で就職するという方も少なくないようですが、レストランサービス技能士の資格を取得していることで、すでにある程度のサービスにおける知識を習得しているということをアピールできます。

転職においても、資格を取得していることで、仕事に対してまじめに考えているというアピールにつながりますので、有利になることが期待できます。

また、最近はこうした資格を取得している人が非常に増えてきていることから、本来であれば資格を取得していることがプラス、していないことがゼロであるところが、有資格者がゼロ、無資格者がマイナスであるようなイメージを与えてしまう傾向にありますので、できるだけ資格は取得しておいたほうがよいという考え方もあるようです。

サービス業というのは非常に奥が深く、自分が正しいと思っていることが実は間違っていたり、逆に自分がよくないと思っていることがお客様にとっては質の高いサービスだと感じられるものだったりということがよくあります。

これからサービス業に就職したいという人はもちろんですが、すでに就業しているという方も、サービスについてのあり方を再認識するために資格を取得するというのはとてもよいと思います。

コメントは停止中です。