フードコーティネーター

フードに関する総合的な知識が検定される資格

フードコーディネーターの資格は、食や料理に関する幅広い範囲から出題され、それらの範囲における知識が検定される資格です。

料理

調理やサービスなど、ひとつの分野に特化したものではなく、トータル的な知識が検定される資格になります。

フードコーディネーターの資格を取得する人が携わっている業界も非常に幅が広く、料理人として働いている人もいれば、ウエイターなどサービス業で取得している人もいます。

そのほか、フードコーディネーターにおいてはやはりさまざまな分野の知識を必要としますので、取得している人が多いようです。

そもそもフードコーディネーターとはどんなお仕事なのでしょう?
この仕事は非常に幅が広いので、これだというひとつだけに絞ることはできません。

例えば、料理雑誌の撮影で使用する料理を作るのも仕事のひとつですし、料理雑誌に掲載するレシピを考案するのもフードコーディネーターが行うことがあります。

そのほか、商品についてのコメントをしたり、原稿を書いたりするのもフードコーディネーターの仕事のひとつですし、料理や食に関する情報を発信することも。

変わったところではショッピングモールなどで調理器具の実演販売をしていることがありますが、あれもフードコーディネーターが行っていることがあるようです。

メリット・デメリット

調理師同様、フードコーディネーターの資格においても、資格が無いと仕事ができないということではありません。
フードコーディネーターは、自分がフードコーディネーターだといってしまえばそれで通用するところあがあり、かなり曖昧な仕事であるともいえます。

そのため、必ず資格を取得しなければならないというわけではないのですが、最近は食の分野の職業を目指す人が、非常に多く受験されているようです。

まず、資格取得を目指すことで、食における幅広い知識を習得できるということがあります。
料理関連の資格は、調理、衛生、サービスなど、ひとつの分野を掘り下げて出題されているものが多いですが、フードコーディネーターは出題範囲が広いので、幅広く知識を得たいという人が効率的に勉強できるようです。

そのほか、料理教室やフードコーディネーター事務所などで働くときには、やはり資格を取得していることが就職に有利になることがあります。

今は資格社会で、食に関する資格をいくつも取得している、という人も多いので、取れる資格はできるだけ受験しておいたほうがよいのかもしれません。

レベルの低い級であれば独学で受験することもでき、費用もそこまで高くないため大きなデメリットはないかと思います。

しかし民間資格である分、就職に有利になる人もいれば、取得してもまったく役に立たなかったという人もいるようですので、その場合はあまりメリットのある資格だと感じることができないひともいらっしゃるようです。

コメントは停止中です。