料理研究家になるには

専門資格は存在していません

現在、料理研究家という肩書で活躍している方がいますが、この人たちは「料理研究家」という資格を持っているわけではありません。
あくまでも料理研究家というのは肩書であるため、資格制度が存在していないのが実情です。
そのため、ある日突然「私は料理研究家です!」と自己紹介をしても問題ないのです。

ただし、本当に料理研究家として活躍するためには、それなりに実績がなければいけません。
実際に料理を作るのが上手い、オリジナル性の高い料理を考えて作ることができるなどの実績があるほど、料理研究家としての実力があると認められ、徐々に活躍の場を広げることができるでしょう。

例えば、普段から節約料理を考えていた主婦がブログを作り、随時新作を公開していたとします。
同じ世代の主婦同士で話題になり、少しずつ口コミで認知度が広まっていき、話題になってきた頃に雑誌やメディアから取材されるようになり、ついにはブロクで紹介した内容をレシピ本として出版することになり、一躍有名な節約料理専門の料理研究家になったというシンデレラ・ストーリーのような話も実際にあるのです。

ここまで成功をするためにはある程度運も必要になると思われますが、実力の高さを知ってもらうためにも複数の関連資格を取得しておくと良いでしょう。

料理研究家におすすめの資格

料理研究家として成功するためにおすすめの資格は、栄養士です。
栄養バランスを考えた食事を考えることは、多くの人にニーズがあるものです。

例えば健康を害している方は食事制限をされることも多いですが、塩分が少なくても美味しく食べられて栄養バランスもとれているレシピを考えてくれるとニーズが高くなるものです。
栄養士が考えたレシピなら間違いないと太鼓判を押してくれる方も多いでしょう。
健康的な食生活に欠かせない栄養の専門家として、少しずつ下積みを重ねて料理研究家としての道を歩む選択肢もおすすめです。

実際に料理が上手であることを示す資格としておすすめなのが調理師です。
調理師免許を取得済みということは、どんな料理であっても総合的なスキルを習得しているため、美味しく調理できる技術を持っていると判断されます。
プロにしかわからない料理のコツを指導しながら、美味しい料理を研究した成果を披露すると間違いなくニーズが高いと思われます。

その他に比較的取得しやすい専門資格としては、野菜ソムリエなどの民間資格があります。
これらの資格も料理を研究する際に役立つスキルになるため、料理研究家として活躍したいと考えている方にとって大きな武器となるでしょう。
まずは行動をすることが料理研究家として活躍するために必要な第一歩になります。

コメントは停止中です。