ブーランジェ

パン作りの知識や技術が検定される資格

「ブーランジェ」の資格は、パン作りにおいての深い知識や技術を検定する資格です。
趣味の域を超えて、さらにパンについて極めたいという人が数多く受験されています。

パン作り

こちらは民間資格となりますので、この資格を取得していないとパン業界で働けない、ということではありません。
しかし、パン作りにおいて自分の力量を試したい人、今後パン業界に就職したいという人にとっては、資格取得を目標とした勉強が非常に役立つようです。

実技試験はなく学科試験のみなので、手軽に受験できるのが特徴。
受験料も3,600円と民間資格の中では比較的割安であるため、主婦の方や趣味でパン作りを楽しんでいるという人の受験も多いです。

こちらの資格を取得することで、パン教室の開催など、趣味の域を肥えた活動を行うための知識を十分い習得しているというアピールをすることができます。

メリット・デメリット

資格取得のメリットは、前述したようにスキルアピールができるという点です。

パン屋さんで働いている人などは、すでに十分な知識を持っていると思われますが、趣味でパン作りをしていた人は、技術や知識は体で覚えているけれど、頭では覚えていないという人も多い様子。

こうした方々が、技術的においしいパンをつくるということだけではなく、パンの歴史や科学的に見た酵母について、また開業についてなどの学科的知識を得ることで、よりパンに関する知識を仕事に活かすことができるようになります。

逆にデメリットは、すでにパン業界で働いている人にとって目新しいものがないため、取得しても活用する場があまりないという点が挙げられます。

こちらの資格は、スキルや技術をより伸ばしていくためにできた資格なので、すでに一定以上のスキルレベルを持つ人にとっては、大きなメリットはないかもしれません。

しかし、趣味でパン作りを楽しんでいた人が、こちらの資格を取得して、自宅でパン教室を始めたという人も少なくないようです。

自宅をお店にするにはさまざまな規定があるのですが、料理教室やパン教室というのは料理を提供するのではなく、技術を提供するという認識になりますので、簡単な届けを出すだけで比較的簡単に開業することができます。

料理とパンの両方を提供するという個性的な教室を開いている方もいらっしゃるようですね。

これから、趣味んパン作りを活かして自分の可能性を広げていきたい方、また自分がパンに関してどのくらいの知識を習得しているか確認したいという方にとっては、とてもメリットの大きい資格なのではないかと思います。

出題範囲の中には開業においての問題もありますので、資格取得で得た知識は、その後もさまざまな場面で活用することができるはずです。

コメントは停止中です。