野菜ソムリエ

野菜の専門家として活躍

私達の食生活に欠かすことができない食材の野菜は、様々な種類があり異なる栄養素を含んでいます。
最近は野菜嫌いの人が増えて野菜不足気味になって栄養バランスが崩れて健康状態が悪くなる方も増えています。
大事に野菜を育ててくれる農家の苦労も絶えないのに、その苦労も知らずに野菜を無駄にするような人が存在しているのも事実です。

このような状況を改善するためにも活躍できるのが野菜ソムリエです。
野菜ソムリエは、野菜に関する豊富な知識を持ち、野菜に関わる仕事はもちろん食生活に関連する仕事にも役立てることができる民間資格になります。

参考:http://www.vege-fru.com/

野菜ソムリエに必要な適性

日常生活に役立つことはもちろん、様々な仕事に活かすことができることから、野菜ソムリエの適性は野菜に対して興味がある方ならどなたでも適性があると言っても良いでしょう。
例えば自分自身が野菜を生産しているという農家さんの場合は、自分が作っている野菜に関連する知識を深めることで自分が生産した野菜に対して自信を持って多くの消費者に勧めることができるはずです。
小さなお子さんを育てている主婦も、子供や夫など家族のために野菜の必要性を知り適切な野菜の選び方などを知ることができます。
他にもスーパーなどの販売店で仕事をしている人、飲食店などで勤務している人、調理師や栄養士などにも役立つスキルになります。

野菜ソムリエとして活躍するためには、野菜に関連する豊富な知識を有することが条件になるため、勉強してしっかり覚えようとする意識が高くなければいけません。
基本的には自分が興味を持っていることなので、さほど苦痛を感じることなくスムーズに勉強を進めることができると考えられますが、やはり専門的な知識になると難しい部分もあるため、行き詰まってしまうことも予想されます。
それでも苦手とする部分をしっかり克服しながら、最後までやり抜く意欲があれば問題ないと考えられます。

野菜ソムリエになる方法

野菜ソムリエは民間資格であることから、資格を取得するのが条件になります。
資格の種類は初級者向けのジュニア、中級レベルの資格、上級者レベルのシニアの3種類があり順番に資格の取得を目指すことになり、いわゆる飛び級はできません。
講座を受講して取得することになりますが、通学と通信のどちらかを選択できます。
中級レベルの野菜ソムリエを取得後にようやく野菜ソムリエを名乗ることができるので、ジュニアを取得しただけではまだ野菜ソムリエとして活躍できないので注意してください。

上級のシニア野菜ソムリエは協会から推薦を受けるなどの条件を満たさなければ受講資格がないので、まずは初級と中級の資格取得を目指しましょう。