バリスタ

コーヒーの専門スキルを持った人

本当に美味しいコーヒーを追い求める人にとって憧れの職業と言えるのがバリスタです。
コーヒーはとても奥が深い飲み物で、同じ豆でも煎り方や淹れ方により味が異なるものです。
本当に美味しいコーヒーを飲みたいと考えている方は、専門的なスキルを習得して自分が納得できる味を追い求めています。
誰もが納得できる自慢のコーヒーを提供できるスキルを持っている方がバリスタとして活躍できるのです。

バリスタに必要な適性とは

実際にバリスタとして仕事をしている方を見ているとよくわかりますが、コーヒーに対する情熱の注ぎ方が常人とは異なるものです。
豆の種類にこだわるだけでなく、焙煎の仕方にこだわり、淹れ方についてもこだわりをもって本当に美味しい一杯を作り出すというこだわりぶりを発揮しています。
他人から見るとここまでコーヒーに対して情熱が必要になるのかと思えるほどです。

しかし、コーヒーはとても繊細な飲み物なので、バリスタが注いでいる情熱は当たり前の行為だと言っても良いでしょう。
その時の気温や湿度を加味しなければ毎回同じ味を作り出すことができないのです。
プロのバリスタはしっかり考えているからこそ、素人が淹れたコーヒーとは全く味わいが違う仕上がりになるのです。
実際にバリスタと素人が淹れたコーヒーを飲み比べてみると、本当に同じ豆を使っているのかと疑いたくなるくらい、違いが現れるものです。

もうひとつ大事な要素が、人付き合いが好きでなければいけないという点です。
バリスタはあくまでも接客業なので、お客様が満足できるコーヒーを提供する力を持っていなければいけません。
常連のお客様がいれば、このお客様は毎回この豆が好きでこんな淹れ方が好みだと把握できるほどの記憶力も必要になります。
接客のプロとして活躍できる対応の良さも求められるため、積極的にお客様と話をする姿勢を持つことが大切です。

バリスタになる方法

バリスタという職業に就くために必要なことは経験です。
専門学校でコーヒーに関する専門知識を学んだり、バリスタ関連の資格を取得するなど勉強をすることで専門スキルの習得を目指すことも一つの選択肢といえます。
高卒後にカフェなどに就職し、バリスタ修行をしながら経験を積む方法もあります。
必ず資格を取得しなければなれない職業ではないため、とにかく経験を積んで実践を重ねることでスキルを得たいという方も多いです。

海外にバリスタ留学をして、修行を積んでくるという選択肢もあります。
本場の技術を習得してから、日本のお店で本格的なスキルを披露してお客様に喜んでもらいたいという方も多いです。
とにかく経験を積むことで将来的には独立をするという道もあるでしょう。