調香師

香りの専門家として活躍する仕事

私達の身の回りには様々な香りが存在しています。
柔軟剤や芳香剤などが身近な香りとして存在していますが、食品や化粧品なども含めると本当に様々な種類の香りが存在していることがわかります。
生活用品に活用されている香りは、調香師という職業の方が調合した香りによって作られています。
香りに関する専門的な知識を有し、たくさんの人に受け入れられる良い香りを作ることが仕事内容になります。

調香師の仕事を大きく分けると、化粧品や香水などの香りであるフレグランスを作るのはパヒューマー、食品などに使う香りであるフレーバーを作るのがフレーバリストに分けることができます。
いずれも同じ香りを作り出すという目的としては共通していますが、人間の口に入らないもの直接口に入れるものという違いがあることから、目指すべき香りの種類がことなります。
例えばフレグランスの場合はリラックスできる香り、心地良い香りなどを目的とするのに対し、フレーバーについては食欲をそそる香りなどを目的とします。

調香師の適性とは

調香師の仕事はかなり繊細な香りの違いを嗅ぎ分ける能力が必要になるため、嗅覚が優れていなければいけません。
毎日のように様々な香りを嗅ぎ分けながら、目標とするべき香りに辿り着くまで試行錯誤を繰り返さなければいけません。
たくさんの香りを嗅ぎ分けながら最も良いとされる香りを覚えていなければいけないため、記憶力も必要になると考えられます。

毎日のように香りの調合ばかりしていると、体力を消耗しますしストレスも溜まっていきます。
本来であればリラックスできる香りを探し求めているはずだったのに、なかなか良い香りに仕上がらないため逆に苛立ちを感じることも珍しくありません。
それでも耐えながら理想的な香りを作り出すことができた時の喜びはこの上ないものになります。
簡単そうで実は厳しい仕事である調香師の仕事に対して誇りを持ち、香りのことが好きでなければ勤められない仕事になるでしょう。

調香師になる方法

調香師という資格は存在していませんが、関連する資格としては日本調香技術師検定や国家資格の臭気判定士があります。
これらの資格を取得しておくと良いと考えられますが、必ずしも取得しなければ調香師になれないものではありません。
学歴も必須ではありませんが、理学部系の学校を卒業していると有利になると考えられます。

就職先としては化粧品会社や食品会社、生活用品メーカーなどがあげられます。
これらの会社では独自に開発した香りを商品に活用しており、他メーカーに負けない消費者に受け入れられる良い香りを開発することに注力しています。
優秀な調香師が在籍している会社ほど有利になるため、良い人材であれば積極的に採用したいと考える会社が多いです。