和菓子職人

日本の伝統的なお菓子を作る

日本には昔から伝えられている伝統的な和菓子が各地に存在しています。
上品な美味しさと美しさを兼ね備えた和菓子は、日本人だけでなく海外の人からも高く評価されていますが、誰でも簡単に作ることができるものではありません。
伝統的な技を駆使しながらいつ食べても変わらない味を提供することができるという高度な技を取得している和菓子職人のスキルが必要になります。

和菓子職人に必要な適性とは

とても繊細な技術を要する和菓子職人にとって必要な適性と言えるのが、芸術的なセンスの良さです。
和菓子は昔から日本の四季を表現したものが多いとされており、見た目の美しさにこだわったものが多いです。
日本は四季によって美しい風景を楽しむことができ、季節に応じた旬の食材を楽しめます。
季節感を上手く再現できる和菓子を作るためにも、センスや感性を磨きながら多くの方を感動させるような素晴らしい和菓子に仕上げることが必要になります。

しかし、誰もが最初から高度なスキルを身につけているわけではなく、修行を重ねた結果ようやく手に入れることができた技なので、未経験者がいきなり修行を始めてもスキルを習得するのは非常に難しいです。
親切丁寧に指導されるものではなく、まずは下積み時代として和菓子作りとは関係がないように感じられる雑用係として仕事をしなければならないことも予想されます。
それでも仕事を一生懸命こなしている姿から、ようやく和菓子職人になるための本気度を見極められる場合もあります。

和菓子そのものが何十年、何百年もの歴史を刻んできたものが多いため、あっという間に技術を得ることができるものではないと考えてください。
ある程度苦労を重ね、先輩職人が作っている様子を確認しながら人知れず練習を重ねることが大事になります。

和菓子職人になる方法

和菓子職人として仕事に従事する方法としては2つの選択肢があります。
まずは専門学校で和菓子について基礎知識を得るための勉強をして、技術や知識の基礎を習得してから和菓子店などに就職する方法があります。
もう一つは高卒後または中卒後に和菓子店へ未経験の状態で就職をして、修行をさせてもらいながらスキルの習得を目指す方法があります。

どちらの場合でも、新人に対してすぐ和菓子作りを指示することは少なく、雑用的な仕事が中心になると思われます。
こんな仕事ばかりではつまらない、早く和菓子を作らせて!と思うかもしれませんが、先輩職人はこのような辛い期間を乗り越えてきた人ばかりなので自分は例外ではないのだとよく考えることが大切です。
和菓子職人に対する思い入れの強さをアピールしながら、なんとしてでも就職先を勝ち取ることが大切です。