接客・ホールスタッフ

注文を取ったり、料理を運ぶことが主な仕事

飲食店における接客・ホールスタッフは、簡単にいえば訪れるお客さんに注文を聞きに行き、その内容の通りの料理を運んでいくという仕事です。

店内

ホールスタッフは飲食業界でも最も数多く募集がされている職種であり、またそのほとんどがアルバイトやパートのスタッフでまかなわれているということも大きな特徴です。

そのため、高校生や大学生などそれまで全く働いたことがない未経験の人でも就職がしやすく、採用のときに何らかの特別なスキルを求められるということもありません。

ただし高級料亭やホテルレストランなどのこだわりの高級料理を出すようなお店の場合には、そのコンセプトにしたがってある程度の経験などが必要になることもあります。

求められる能力

ホールスタッフとしてプロの業務を行っているという人もいます。
資格もあり「レストランサービス技能士」や「和食マイスター」といった専門的な接客の知識を備えていることを示す名称も存在しています。

接客・ホールスタッフとしての業務を行うときに最も大切なのは、訪れたお客さんにいかに気持ちよくその時間を過ごしてもらえるかという気遣いです。

そのために求められる資質としては、基本的な敬語や礼などの仕草振る舞いの他、料理を待っている間の誘導や、もし何らかの不備が合った場合の対応といったものがあります。

より高度な接客業務では、出される料理についての詳しい知識や、追加注文をするときの参考になるような会話術というようなものもあります。

一般企業でも営業スタッフなどでは自社製品について知り尽くす専門的な商品知識を備えていることは大切な条件になりますが、接客業務を行うホールスタッフにおいても求められる知識は同じものとなります。

たとえファミリーレストランのような全国均一のサービスを行うような飲食店であっても、季節やイベント・キャンペーンによっては都度お客さんから質問を受けることがよくあるので、そうしたときにすぐに返答ができるようにしておく姿勢はかなり重要になってきます。

その他に求められるもの

また、ホールスタッフは単に注文を運ぶだけでなく会計をしたり、調理の一部を担当するということもあります。
手が空いた時間帯には店内の清掃をしたり、忙しいときには別の業務を担当しているところを手伝ったりということもしなくてはいけません。

優れたホールスタッフになってくると、そのお店の中全体を見ることができる観察力が身についてきたりします。

例えばテーブルのお客さんが飲み物をこぼしたりといったようなことがあったときに、すぐに飛んでいって処理をするようなことができるかどうかでお店全体の雰囲気も大きく変わってきますよね。

ホールスタッフは、常にお客さんを相手にすることから毎日の業務できちんと身だしなみや清潔感に気を使う必要もあります。

髪の毛をきちんとまとめたり、爪を短く切って汚れが見えないようにするといった細かい自分自身への気遣いも大切な仕事の一部です。