フードコーディネーター

食品のアレンジを考える仕事

フードコーディネーターとは、特定非営利活動法人の日本フードコーディネーター協会が主催する資格の一つです。
フードコーディネーターというと耳慣れない職業名称ですが、主な業務内容としては専門家としての目からメディアなどに登場する食品のアレンジを考えていくという仕事になります。

デザート

今は健康志向の増加により、自宅で本格的な料理を作りたいと考える人が増えてきています。
そうした人が料理をつくるときの参考になるような料理を提案したり、レシピを作成したりということもフードコーディネーターとしての業務の一つになっています。

またレストランを開店するときのメニュー設定や全体的なコンセプトのプロデュースをしたりするという、外食業界のコンサルタント的な役割を行うこともあります。

「食」のプロ

言ってみればフードコーディネーターとは食品を扱う業界全てにおいて、その食品や食材をどのように魅力的にしていくかということを提案していく「食」のプロというふうに言い換えられます。

フードコーディネーターという職業名称はNPO法人日本フードコーディネーター協会での資格認定試験に合格をしなければ使用をしてはいけない名称です。

ただしその仕事をするために必須という国家資格とは違うので、資格はなくても同様の業務を行うことは可能です。

ですが日本フードコーディネーター協会は食品業界内ではかなり影響力の強い業界であるので、安定的に仕事をとっていくことを考えるのであればやはり資格を取得しておくことは必須事項と言ってもいいでしょう。

試験は1~3級までがあり、級数が高くなるほどより専門的な分野について問題が出題されていきます。