料理長・シェフ

キャリアアップの方法

料理長・シェフは飲食店の厨房業務スタッフのリーダーです。

シェフ

料理人を目指す人なら誰でも自分がそのお店の料理責任者として働いてみたいと思うものでしょうが、コツコツと長くキッチン業務に携わっていくことにより少しずつキャリアアップをさせていくことが可能です。

よく日本で活躍をする有名なフレンチ・イタリアンのシェフが、過去の経歴として「三星レストランの○○で料理長を勤める」といったようなことを紹介しているのを見かけますが、そうしたどこでどのようなキッチン業務を担当したかということは、シェフにとっては重要な実績となります。

ちなみにどのお店で勤務したかということと同様にかなり重要になるのが、どの先輩シェフに師事したかという師弟関係です。

料理人の世界は昔ながらの徒弟制が残るところでもあり、師匠となる料理人から料理の腕前だけでなく料理に対する姿勢や人生訓までもを学ぶということもかなりよく見られます。

そのため料理人として新たに自分のお店を開くという場合にも、どこで、誰に師事したかということである程度料理の系統が自動的に分類されてしまうという面があります。

なるには

料理長・シェフを目指すときには、まずは下積みとして一介の料理人としてスタートをしていくことになります。

料理人という仕事そのものには特に必ず取得をしなくてはならない資格があるわけではありません。(ただし、店舗に一人必ず「衛生管理者」を置かなければならないので、調理師免許を取得していると就職には有利になります)。

レストランや料亭での厨房では、複数のスタッフがそれぞれ自分の担当料理を決められた手順にしたがって作っていくことになります。

その中で少しずつ勤務年数を伸ばしたり自分の腕前を上司に認めてもらうことにより、担当スタッフから担当責任者へ、そしてゆくゆくは料理長へというような流れとなっていきます。

将来性

ところでテレビなどで見かける有名シェフのかたたちは、必ずと言ってよいほど自分のお店を持ち、そこで経営者としての仕事もされています。

実は飲食業界においては料理長やシェフ経験者がそのままレストランオーナーになるということも非常によく見られています。

そのため将来的にレストランビジネスに参入したいという人は、まずはシェフとして一流を目指してみるということもよい方法と言えます。

料理長やシェフに求められる資質として、単に美味しいものを作るというだけでなく、コスト面やお店全体の運営を考え確実な利益を出すことができるというマネジメント能力も重要です。