ショコラティエ

チョコレート専門の菓子職人

洋菓子職人いわゆるパティシエとして活躍している人の中には、チョコレートを専門としてお菓子作りをしている方がおり、ショコラティエと呼ばれています。
日本では最近知名度が高くなってきた職種ですが、チョコレートの本場として知られるベルギーなどではごく一般的な職種として有名です。
チョコレートを使ったお菓子作りはとても繊細で、ほんの少し温度が違うだけでも風味が異なる仕上がりになることから高い技術が必要になると言われています。
プロのチョコレート菓子職人としてのプライドを賭け、本当のチョコレートの美味しさを多くの方に伝えたいとの使命に燃えている方も多いそうです。

ショコラティエの適性とは

ショコラティエとして活躍するために相応しい人材として適性を満たしていることが条件になります。
当然のことですが、チョコレート菓子作りが好きであることが必須の条件になります。
お菓子作りが嫌いでたまらない、毎日のように甘いチョコレートの香りに包まれて過ごすのが苦痛たまらないなどと思っている方に仕事が務まりません。
どんなチョコレート菓子がお客様に受け入れられるのかという事を常に頭の中に入れながら、楽しく仕事に従事できることが必須の条件になります。

菓子職人として大事な要素になりますが、芸術的なセンスも必要になると考えられます。
実際に販売されているチョコレート菓子を見るとわかりますが、とてもキレイな色や形など細かい部分にこだわって作られていることから高級感を引き出してワンランク上の洋菓子に仕上がっています。
このような素晴らしい仕上がりになるのは、センスの良いショコラティエが関わっているからなのです。
どこにでもあるようなお菓子を作るのではなく、世界で自分にしかできないくらい素晴らしいお菓子を作るという意気込みで取り組むことが大切です。

そのためにも細かな作業を難なくこなせる繊細さも必要になります。
特にチョコレートの取り扱いは難しいので、その日の天気や湿度も考慮しながらお菓子作りに取り組む姿勢が大切なのです。

ショコラティエになる方法

ショコラティエとして活躍するためには、基礎的なスキルを身に着けるという意味で製菓学校などに通って専門的なスキルを得ることが大切です。
学校では関連する資格を取得できる指導をしてくれますので、できるだけ資格取得を目指すようにしてください。
学校で所定の課程を経て卒業後に洋菓子店に就職をしたり、海外のお菓子屋さんで修行をさせてもらいながら働くという選択肢もあります。

いずれにしても一人前のショコラティエとして活躍するまでの道のりは数年から数十年必要になると考えられます。
一人前になってから将来的には独立をして店を出すという選択肢も増えるでしょう。