ブーランジェ

手作りでパンを作る専門職

ブーランジェとは、フランス語で「パン職人」という意味を持つ、手作りでパンを作ることを専門にする仕事のことです。

パン

日本でもパテシエにつづいて調理業界の専門職として知名度が高まってきており、将来の夢として挙げる若い世代の人も増えてきています。

ブーランジェの仕事であるパン作りは、ホテルのレストランや一般のベーカリー、その他工場での生産管理質などで行われます。

最近では手作りパンを売りにしたカフェも登場してきていることから、今後はより広い場所でブーランジェの技術は求められていくことになるでしょう。

求められる技術

だだし、ブーランジェとして一人前になるためには他の調理人職と同じようにかなりの長い修行期間を覚悟する必要があります。

日本は世界でも有数のパンの種類が多い国であり、自国で独自のパン文化がないせいか、世界中のパンを日本国内で作っているとまで言われます。

それだけにマスターするパン作りの知識の量は多く、最低でも10年は修行をしないとプロとして勤務はできないとされています。

パン作りでは、おいしいパンの種類と作り方を熟知するとともに、作る環境や気候、季節などその場に応じた作り分けができるようになるといったかなり職人的技術が求められます。

なり方

一般的なブーランジェのなり方としては、製菓学校など製パンを学べる学校に入学するか、もしくはベーカリーやホテルなどに直接就職をするという方法があります。

有名な製菓の専門学校では、パテシエ・ブーランジェ科として製菓と製パンを同時に学べる学科が用意されていることもよくあります。

海外においては明確に製パンと製菓が区別されないこともよくあるので、より広く知識を勉強していくのがよいと思います。