バーテンダー

お酒好きが一度は憧れる仕事

お酒が好きな人なら一度は憧れるのがバーテンダーの仕事です。
夜の街に営業するバーのカウンターで、お客さんたちの話を聞きながらお酒を提供していくという姿はとても素敵に見えます。

カクテル

バーの魅力そのものがそこで働くバーテンダーさんの人柄であることもあるので、まさにお酒を取り扱う飲食業界のプロというふうに言うことができるでしょう。

バーテンダーとして勤務をするためには、さまざまなお酒の種類や特徴をしっかりと理解・把握できるようになるとともに、カクテル名を聞いてすぐにそれを作れるようになるという優れた技術力が必要になってきます。

若者のバー離れ

ただ最近は若者のアルコール離れや、ビールよりも発泡酒、チューハイが好まれるという低価格のお酒が好まれるようになってきているという影響のため、あまりバーでカクテルを飲むということに対しての需要は高くはありません。

そのため勤務先としてはホテルのラウンジバーなどかなり限定的なところに絞られてきてしまいます。
ただし、バーテンダーという存在をお店の売りとして積極的に採用する居酒屋さんなどもたくさんあるので、そうしたところから技術を積んでより高いレベルのお店を目指していくという方法もあります。

どのみち未経験では就職が難しい仕事であることは間違いないので、プロを目指すならなにより場数をこなす覚悟が必要になります。

バーテンダーになるためには、専門学校で講習を受けるという方法もあります。
全国にはそれほど数は多くありませんが、バーテンダー養成課程がある専門学校はいくつかあります。

ですがバーテンダーの仕事で重要なのはお酒を作るテクニックよりむしろ、お客さんとの話術の方にあります。
そのためにはやはり経験を積んでいくことが最も重要です。