パン職人

家庭では再現できない美味しさを実現

最近はご家庭でも美味しいパンを作る方が増えていますが、やはりパン屋さんで購入したパンは一味違うものです。
材料や製法にこだわりぬいた、まさにプロの技を駆使しながら焼くパンの味は、なかなか家庭では再現できません。
そんなプロの味を実現してくれるのがパン職人の成し得る技です。
美味しいパンを買い求めるために開店する時間を待っているお客さんも多いというお店も多く、人気店になるほど忙しい反面でやりがいを感じるものです。

パン職人の適性とは

パン職人として仕事に従事するための適性として必要になるのが、パンが好きだという強い気持ちを持っていることです。
パン屋さんの仕事は朝早くから始まるため、まだ暗いうちから行動を開始しなればいけません。
仕事に慣れるまではなかなか体が言うことを聞かず、起きられないことも考えられます。

周囲の友達と満足に遊ぶこともままならない状態になるため、今までのライフスタイルと全く同じ暮らし方ができなくなると思われます。
それでもやっぱりパン職人の仕事が好きだと胸を張って言えることができるなら、パン職人に向いていると言えますし、そこまでしてパン職人の仕事に就くのはちょっと…と少しでも感じる部分があれば長く仕事を続けることができないと思われます。

もう一つ大事なことが、パンは生き物のようなもので気温や湿度によって仕上がりが全く変わるという点です。
毎日パン作りをしているとわかるようになりますが、パンの仕上がりは発酵の具合に応じて美味しくなったりあまり美味しくない仕上がりになるものです。
丁度良い発酵具合にするためには、毎日変化する気温や湿度に合わせて原料を調整しながら発酵時間も変えることが大切になります。
長年の勘で丁度良い具合に調整できるパン職人も多いですが、慣れないうちはきちんと食品科学に関する知識を習得していると良いです。

パン職人になる方法

パン職人として活躍するためには、まずは専門学校などでパン作りに関する基本的な知識を習得しておくことが大切です。
未経験の状態でパン屋さんに就職することも可能ですが、就職希望者が殺到するような人気店では基礎スキルを習得している人が有利になるのは間違いないでしょう。

一人前のパン職人として仕事を完全に覚えるまでにはある程度の年月が必要になると思われますが、しっかり技術を習得しようとする意欲が強ければ強いほど早く習得できるものです。
最初は雑用のような事ばかりで、なかなかパン生地にすら触らせてもらえないかもしれませんが、少しずつ仕事を覚えて一人前になったと認めてもらえるまで頑張りましょう。
将来的には自分で店を出すことも夢ではありませんので、地道な努力が必要になります。