飲食業界の職種

幅広い職種

飲食業界はかなり広い職種や業態によって構成されているので、これから就職を目指す場合にはどのような方向で仕事をしていきたいかということをある程度決めておくことが重要です。

カフェ

飲食業界のうちもっとも数が多いのは飲食店として訪れるお客さんに対して料理を提供するという仕事ですが、例えばファミリーレストランのような誰でも気軽に入れるリーズナブルな価格帯でのお店で働くか、それともこだわりの料理を限定的なお客様にだけ提供するような高級料理店に勤めるか。

それによって働くスタッフたちに求められる技術・スキルや考え方がかなり大きく違ってきます。

また料理を提供するという業務の流れの中には、料理を作る調理人の仕事の他、訪れる人に対しての接客業務を行うフロア担当や、お店全体の販売戦略を考えるマネージャー、また出される料理の健康面や栄養面について専門的な立場からアドバイスをするスタッフなど、かなりたくさんの人が関わっていくことになります。

料理を作る、提供するという仕事はどのような分野でも専門的かつ技術的であるということでは共通しているので、一人前の仕事ができるようになるまでの期間は資格取得をしたりそれ相応の修行・研修の期間が必要になるなど、長い時間がかかってしまうこともよくあります。

責任とやりがい

飲食業界では、出される品物はお客さんたちの口の中に入るという非常に社会的に責任の大きなものであるため、単純に利益を優先させたり効率だけを求めて人員や用具・設備を最低限度にしてしまうということが許されないためです。

しかし、そのように長い修業期間が必要になる仕事であるからこそ、一生の仕事にしていくことができるというふうにも考えることができます。
責任が大きい分やりがいも大きく、一度身につけたスキルは手についた職として、その後決して失われることはありません。

過去の経験を生かして調理人からレストランシェフに転職をしていったり、そこから管理職やマネージャー職を目指していくというステップアップも十分に可能です。

専門的でありながら幅広い知識や経験が求められるのが飲食業界であるということができます。

そこで、以下のリンクから飲食業界で一般的に募集されている職種について、どうやったらその仕事をすることができるのかということや、具体的な日常業務の内容、さらに将来的にはどのような進展をさせていくことができるかということについてをまとめてみます。

飲食業界の代表的な職種