履歴書の書き方

将来設計が大事

飲食業界に就職するときには、将来的にどのような方面でキャリアを積んでいきたいかということをしっかりと頭の中でまとめておく必要があります。

飲食業界では店舗を運営するために数多くのスタッフが関わっていくため、その分野で仕事をしていくかによって、適正や必要なスキルが変わってきてしまいます。

飲食業界での仕事としては代表的なものに、店舗開発・商品開発・食材調達・営業・店舗管理・店舗運営といったものが挙げられます。

しかし未経験から入社する場合には、まず下積みとして店舗スタッフとしてスタートをすることがほとんどでしょう。

どのような仕事から始めるにしろ、まず最も大切なのは自己分析と志望動機の明確化です。
飲食業界は他の業界とかなり様子の違う部分が多いため、なぜその仕事をしたいのかという動機をしっかりと示す必要があります。

少し厳しいことを言えば、仕事内容がきつい現場があったり、下積みの時期には給与面で待遇が思うようなものでなかったりということもあるので、そうしたときにもきちんとモチベーションを保っていけるような意志を示さなければならないのです。

職務経歴書

履歴書を作成するときには、自分の学歴や経歴などを一般的な履歴書用紙を使って作成したあと、職務の経験があるならそのことも記載していきます。

職務経歴書という形式になりますが、そちらに記載する内容としてはそれまでの飲食店での勤務経験や、飲食店でなくてもどこか小売系店舗で働いたことなどを記載していきます。

飲食業界でもバイヤーや営業の仕事を目指すという場合には、オフィス系の勤務経験もかなりプラスとして評価されるので、無関係と思わずしっかりと記載していくようにしましょう。

飲食業界においてはこれまではきちんとマニュアルを守る人間を最も重視する傾向にありましたが、最近ではむしろ幅広い発想からよりよい業務を目指していくことを提案できる人材を重宝する場合も増えています。

また飲食業界は衛生面などきちんと自己管理ができることも重要な要素になってくるので、書類を作成するときにはできるだけ几帳面に、きまりごとをきちんと守って行動できる人柄であることをアピールしていきましょう。