面接対策

転職の注意点

飲食業界への転職をするときには、いくつか注意しておきたい点があります。
飲食業界で求められる適正としては、まず衛生面を守るためにきちんと自己管理ができるという清潔さと、次に何らかのトラブルが起きた時にすぐに対応ができるという臨機応変さ、そして同じ職場の人たちと協力して仕事をしていくためのコミュニケーション能力です。

さらに付け加えれば、訪れるお客様に対しておもてなしを提供できるというプロ意識を持ったサービス精神も大切です。

ただ最後のサービスについては、実際に飲食業界に入ってから現場経験を積みながら方法を身につけていくスキルという面も強いため、今の時点で完全に力があるというよりも以後学んでいくことができる姿勢があるかどうかということが問われます。

まず第一に清潔感

そのため、まず面接にのぞむ前にはしっかりと服装を整え、言葉遣いや仕草が雑ではなくきちんとしていることを示すことが大切です。

飲食業界は比較的服装が自由な職場ではありますが、勤務をするときには所定の制服を来たり爪や髪の毛の処理をマニュアルの通りにしなくてはならない場合がよくあります。

そうしたときのために、第一印象で不潔な印象を与えないようにすることは大切な条件です。
たとえアルバイトの面接であっても、汚れたジーンズや袖に黒ずみのあるようなシャツを着ていくようなことはせず、最低限清潔感を感じられるような服装を選んでいきましょう。

臨機応変さを面接のときに態度で示すのはちょっと大変なので、それは履歴書や過去の職務経歴書などを使って実績をアピールしていきます。

新卒の場合ならサークル活動やゼミ活動など、中途採用での就活なら過去の勤務経験の中でトラブルにどのような対処をしてきたかということを紹介していくとよいでしょう。

記載以外にも口頭で同じような質問をされるということもあるので、その場合には自分の言葉で話ができるようにしましょう。

コミュニケーション能力は必須

またコミュニケーション能力はどのような仕事を担当するにしても大切となります。
厨房のように直接お客様と対面することのない仕事であっても、仕入れスタッフや配膳スタッフ、また運営を行う経営陣との話し合いは常に行われるです。

そうしたときに自分の意志を示しつつ周囲とうまく折り合っていくことができるかということが問われます。

面接のときにはきちんと相手の目を見て話すようにし、自分の性格面を生かせるコミュニケーション能力について話ができるようにしてください。