仕事を見つける

情報収集

飲食業界への転職を考えるなら、まず情報収集をしっかりと行うことが大切です。
飲食業界は業種・業態ともにかなり幅広く人材が募集されているので、その中のどれが自分に適したものであるかということを、きちんと絞り込みをしながら選定していかなくてはいけません。

例えば同じフレンチのシェフであっても、同じ厨房勤務でも大衆レストランであれば料理のスキルはほとんど必要とされなかったりしますし、反対にホテル・レストランではかなり高いスキルや経験がなければ就職をすることができなかったりします。

一見同じように見える飲食店であっても、そのお店の雰囲気や経営者の考え方によってはかなり違った人材が求められるので、それらを判別していくという作業が必要になります。

自己アピールのコツ

転職活動をするにあたっては、まずなぜ飲食業界へ転職したいと思っているかというようなことを自己アピールしなくてはなりません。

他の業界への転職活動をするときもそうですが、自分自身の適正やキャリアをきちんとまとめた上で、どこに自分の能力を生かすことができるかということや、どのような仕事にやりがいを感じていくことができるかということをわかりやすく説明をしていくことが、希望の職種に就くためには必要不可欠です。

飲食業界は全体的に技術職というイメージも強いところではありますが、就職活動においては技術そのものと合わせて接客やチームワークにどれほどの適用能力があるかということを示していきましょう。

おすすめ転職サービス

とはいえ、それまで就職活動をあまりしてこなかった人や、初めての転職活動をするという人の場合には、最初からうまく物事を運んでいくというのは難しいものです。

飲食業界は職種が多い上に人材が流動的になりがちなので、常にかなり多数の求人募集が行われており、まさに日替わりで次々と情報が更新されるといったこともよくあります。

現在どこか別のお店に勤めていて、並行的に就職・転職活動をするという場合にはそれらの中から情報を精査しつつ適切な自己アピールができる転職用書類を作成するというのはできにくいでしょう。

そんな場合には、専門の就職コンサルティングをしてくれるサービスを利用するのがおすすめです。
就職コンサルティングサービスは、看護業界やIT業界など専門的な知識が必要な職種で広く行われているサービスですが、同じく専門性の高い飲食業界にも特化した内容のものがあります。

サービスの利用はネットで登録をするというだけで、あとはプロのアドバイザーの方がマッチングした求人情報を紹介してくれたり、転職活動のときに必要なノウハウなどを教えてくれたりします。

もし転職活動のやり方に迷っているのであれば、評判のよい転職サービスをぜひ利用してみてください。

飲食業界での仕事の見つけ方 メニュー

履歴書の書き方
面接対策
飲食業界の人気ランキング