サイト概要

お茶漬け

業界別転職指南【飲食編】について

このサイトは、飲食業界への転職を考える人に向けた情報サイトです。

飲食業界には料理長やパティシェ、ソムリエ、板前などたくさんの職種があり、仕事として関わっていくときには様々な側面から探すことができます。

飲食業界の市場規模は約24兆円といわれており、それを構成するお店や食品加工・調理の現場はかなり裾野の広いものです。
過去にアルバイトなどとして飲食業界の現場で働いたことがある人などは、より深く飲食業界に関わっていくためのキャリアとして生かすころも十分にできるでしょう。

外食産業はここ最近では「フードビジネス」と呼び換えられることもあるほど、急速に大きな変化を遂げている分野でもあります。

これまでの外食産業といえばお客さんがお店を訪れ、そこで受ける注文のものを提供するという形式で決まりきったものでした。

しかし、このごろではデリバリーサービスやお客さんが持ち帰る「内食」向けのサービス、またファストフードでも注文できるメニューが普及しています。

さらにお客さんが自分の好みに合わせて内容を変更できるといった、新しい発想でのフードビジネスが広くはじまってきています。

また、外食産業はかなりの実力主義・成果主義で成り立つ業界であるので、お店の責任者やスタッフたちのアイディアや働き方によっては相当の成績を残すことができるということも特徴になっています。

そのため、外食業界で働く人や転職を目指す人にとっては「自分の実力を試すことができる」「会社や自分のスキルの向上を身を持って実感できる」「新しいアイディアを積極的に生かして仕事を作り出していける」ということが大きな魅力として映ります。

何よりも、食という人の生活に欠かせない分野を仕事として提供することにより、たくさんの人を笑顔にすることができるということは、他の業界にはないやりがいとなります。

そんな飲食業界ですが、就職をするときには業界独特のキャリアアピールや適正が必要になります。
また職種や業態が多岐に渡るため、どのような場所が自分にとって働きやすいかという情報収集も大切です。

そこで、飲食業界にこれから就職・転職する人に役立つ面接対策、履歴書の書き方なども合わせて紹介していきます。
これからの飲食業界を担う人たちの手助けになれれば嬉しいです。

サイト内メニュー

飲食業界の職種
シェフ

飲食業界に関わる職種について代表的なものを詳しく説明していきます。
料理を作る、提供する仕事は専門的かつ技術的であるので、専門の資格やそれ相応の修行期間、勉強期間が必要なものがほとんどです。
しかしそれだけにやりがいも大きく、一生の仕事として考えるときには手に職をつけることができる、貴重なスキルとしていくことができます。

スタイル別仕事紹介
ワイン

飲食業界ではたとえ同じ職種でも、店のスタイルが違えば仕事内容、料理のタイプ、礼儀作法、マナー、客層、などに大きな差が出てきます。
一般的な飲食店のスタイルを区分別に見ていくことで、どこが自分にとって理想の職場になるかが考えやすくなります。

仕事を見つける
スケジュール

業種・業態が多様な飲食業界においては、情報収集が就職・転職のためのカギとなります。
飲食業界に特化した転職支援サービスや就職のためのノウハウを紹介します。